りんご助産院より愛を込めて

〜神戸市垂水区で母乳育児に寄り添う助産師 林美佐子のスローライフ日記〜

きらり

りんごスタッフ橋本由美子です〜自分が大好きっていえるように〜

更新日:

はじめまして、これからりんご助産院でエステティシャンスタッフとして仲間入りさせていただく橋本由美子と申します。よろしくお願いします。

みなさんに、私のことを知っていただきたいので自己紹介をさせていただきます。

プロフィール

[生年月日 血液型 星座]
1982年1月8日 A型 山羊座

[家族構成]

長男2008年生まれ
次男2010年生まれ
長女2015年生まれ

[資格]
栄養士

[好きなアーティスト]
YUKI(長女の名前もゆきにするぐらい愛してます)

私は現在34歳。子どもが3人います。今までエステに通うことすらもなかったひとりの女性がなぜ、エステティシャンになることを目指したのかお話しさせてください。

ずっとコンプレックスだったこと

私は、元気娘と見られるのですが、高校生ぐらいから、ずっと体系にコンプレックスがありました。高校に入るまでは、服選びで体型を気にして選んだことがないぐらい細身でした。
それなのに、高校時代に一気に太ってしまい、好きな人に太ってることを理由にふられてしまいました。それから、太ってる事がとっても嫌でしょうがなかったのです。

今までしてきたダイエットは、数たくさん。はじめは、お菓子を控えたり、ご飯の量を減らすぐらいでしたが、だんだんえエスカレートし、ストイックなダイエットもたくさんしてきました。
最高で1ヶ月で8キロ落とした経験もありました。今、思えば、まったく自分の体を大切にしなかったダイエットばかりでした。

20代独身時代は、仕事に忙しく自然と体重も落ちていき、あまり体型を神経質に考えることもなくなりました。でも、出産を機に激太り。またダイエットの負のループに陥ってしまいました。

はじめての子育ては、わからないことだらけでいつも不安ばかりでいました。ダイエットもうまくいかず、いつも落ち込んでは、自分を責める毎日。心の中はいつもどんよりしてました。「子供のためにも、今の自分から抜け出さないと」と、毎日スマホでダイエットのことを調べていました。

そんな時に、助産師のりんご先生、エステティシャンのHIME 先生と出会い、ケトジェニックの食事療法、心のお話、子育ての話を聞かして頂きました。
すると、肩の力が抜け、毎日不安でしかたなかった子育てが楽しくなり、自分と子どもを信じることができるようになったんです。

正しいダイエットは良いことづくし

ダイエットの方は、栄養の整ったケトジェニックの食事をはじめることにより、体重も4キロほど落ち、胃腸の調子もよく、体が疲れにくくなり、いいこと尽くしでした。

一番効果を感じれたのは、ずっと自尊心が低く、不安でいっぱいな私でしたが、ケトジェニックの食事で栄養を満たされてきたら、自然と不安が押し寄せてくることも、少なくなったことです。

だんだん、自分が受け入れるようになってきたら、今度は、同じように自分へのコンプレックスや子育てに悩んでいる女性に寄り添いたいという気持ちになっていきました。そして一念発起してエステティシャンを目指しました。私の経験が少しでも皆さんの役にたてたならこれほど嬉しいことはありません。

これから人生のテーマ

これからの私の人生のテーマは、一人でも多くの女性が、コンプレックスや悩みを手放し、より自分を好きになれるよう、より人生を楽しめるよう、エステティシャンとしてお手伝いをすることです。どんな悩みもしっかり受け止めて寄り添っていきます。どうぞ、よろしくお願いします。

広告336幅

広告336幅

-きらり
-

Copyright© りんご助産院より愛を込めて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.