りんご助産院より愛を込めて

〜神戸市垂水区で母乳育児に寄り添う助産師 林美佐子のスローライフ日記〜

きらり

歌の先生、どんだけ学ばせてくれるねん!

投稿日:

今日はすごーく久しぶりの
歌のレッスン日
それなのに
歌、好きなはずなのに
モヤモヤして
何故か歌いたくない気持ちだった
練習もしたくないから
ずっとしていかなかった
私はレッスン前に
先生に正直に言いました
「歌うことにワクワクしないし
練習もしていないんです」と
どんな生徒やねーん(꒦ິ⌑꒦ີ)
ですよね?
先生は「おや?」という表情を
一瞬浮かべたけど
嫌な顔ひとつせずに
優しい空気で私を包み込んで
「ちょっと、お話しよ~か」
幾つかの質問を交えながら
ゆっくり話を聞いてくれました
その原因を
一緒に探してくださったのです(^^;;
そしたら見つかったんです!!!
何故、歌いたくないのか!
私はどうやら
歌が歌いたくないのではなく
課題曲が悲しい思い出に繋がるみたい
だから、ちょっと
しんどかったんだ(T_T)
「歌とか香りは、古い記憶に
ダイレクトに繋がるんだよね」
「じゃあ、この曲はやめて
声を出してみようか?
声のエネルギーを感じよう」
先生はピアノを弾き出しました
心地よい音色に乗せて発声する
歌えないと緊張してたから
最初は声が縮こまって出ない
でも、先生がほぐしてくれて
段々心地よく声が出るようになる
「楽しい!気持ちいい!」
心からそう思えた
「僕もそんな時あるねん
僕なんか、これが仕事やのに
歌いたくない時がいっぱいあったよ
誰でもそういうのあるよ~
原因わかったら
また、歌を楽しむことできるや~ん」
ちと、泣けた(T_T)
この先生、プロや~!
そう思った
練習しない私を責めることなく
言い訳ともとれそうな
ひとつひとつの言葉に
寄り添って一緒に揺れてくれて
そして
やっぱり好き♪楽しい♪歌いたい♪
という気持ちを引き出してくれた
そして最後に
こんなこと話してくれた
「林さんはお母さんに寄り添ったり
伝えたりする仕事をしてるから
子守唄、歌ってみない?
子守唄って凄いんだよ
その時のお母さんの
優しい気持ちや表情や声
それがずっと子どもに残るの
だから子守唄を聴いて育った子は
とっても幸せになれるねん
いろんな国の子守唄を歌うのどう?
それをお母さんに伝えてあげて♪」
それ、いいわ~♡
めっちゃワクワクすると思った♡
ほんとに先生、感動です♪
ありがとうございます(꒦ິ⌑꒦ີ)
ええ仕事、してはりますなー(꒦ິ⌑꒦ີ)
カウンセリングをうけた気分♡
これって
仕事や、子育てに通ずるところ
ありますよね~
「できないのは
あなたにやる気がないから
あなたが頑張らないから」
などと言い
責任を相手に渡すのは非常に簡単
でもそこに歌の先生のような
愛情や工夫はあるのかな?
愛に包まれたおかげで
帰りの車の中ではノリノリで
歌っちゃいましたわよー♪

広告336幅

広告336幅

-きらり

Copyright© りんご助産院より愛を込めて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.