りんご助産院より愛を込めて

〜神戸市垂水区で母乳育児に寄り添う助産師 林美佐子のスローライフ日記〜

きらり

我慢と、努力と、夢中になること

更新日:

最近読んだ堀江貴文さんの本に印象に残るところがありました

僕は我慢が大嫌いである。やりたいことがあったらすぐに行動に移すし、やりたくない事は極力やらない。現状に不満があるのにひたすら我慢するなんてありえない。ただし、一度やると決めたことについては全力でやり抜く。そのための「努力」は惜しまない。この場合の努力とは、我慢とは全く別物だ。僕の言う努力とは、どうしてもそれがやりたくて、誰に何を言われても走り続けること。足をとめないこと。つまり「夢中になること」なのだ。

私も、我慢が苦手です。やりたいと思うことは我慢ができないです。だから、いつも忙しそうにみえるみたいで周りの人から体のこととか心配していただきます。でも、たぶん私の場合は、やりたいこと我慢する方が心身を病んでしまうと思う(笑)

楽しい人生を生きる経費

でも確かに。ええ歳にもなってきたし、注意は必要やなーって思うようになりました。私が健康オタクなのはやりたいことをやるためでもあります。今まで以上にカラダを大切にしなきゃ。

そして今まで生命保険関係はほとんどかけてなかったけど、舞多聞にりんご助産院を建ててから急に保険をかけたくなり、保険の見直しをしました。

私は自分の好きなように生きて、それでなんかあっても後悔はないけど、家族には、せめて金銭面では迷惑をかけないようにしたいなぁ〜って。

そして、もし私に万が一のことがあったら、なんやかんやで1億円近いお金が家族にはいるようになりました!それで助産院のローンを返済してね♡っていうことです(笑)

実際、保険料はびっくりするくらい上がりましたが、私の心はおどりました♡「よっしゃーーーこれで安心して好きなことに没頭できる!!!」って(笑)海外旅行に行くときに保険かけるのと似てる。楽しい人生を生きるための経費ですね。

そして、私のパートナーは言うのでした。そんなあなたが一番健康で長生きしそうと…。(意味ないやん!!!笑)

夢中になること

あんまり自覚はないけど、私も、ヤルって決めたことに対して努力するほうなのかもしれません。上手くいくことばかりではないので不安になったり泣いたり怒ったりしんどくなったりすることもたくさんあります。わりと失敗も多いです。でも「やるための努力」はできても「やめてしまう我慢」は嫌なんです。自分にウソをつきたくない。

「自分やったら、そこまでしてようやらんわ!」と言われることもあります。それって私、我慢してるんやろか?と思うこともありましたが、いや違う!ただ「そこまでやるほど夢中になっている」だけなんだなぁ〜ってホリエモンさんの本を読んで納得しました。

自分に与えられた時間をホンマに大切に使いたいって思うんです。例えば、私は、ディズニーランドに行って何のアトラクションにも乗らず、パレードも見ず、お土産も買わずに帰るんは残念だと感じる。欲張りでもいい。この人生はテーマパークやねんから、思う存分遊んで楽しんで帰りたい♡

ビッグサンダーマウンテンに乗って「キャーーー!」って叫ぶのは我慢でも苦しみじゃない。私にとってホンマの我慢や苦しみとは、ビッグサンダーマウンテン乗りたいのに勇気がなくて指をくわえてみてることやと思う。そして、実際に乗ってキャーキャー楽しそうに叫んでいる人に嫉妬したり、やっぱり乗っといたら良かったって後悔することやと思う。

今生きていることがすごく奇跡的なことやって思うからこそ、日々の何気ない幸せを感じているからこそ、「それだけで十分」ではなく、心から湧いてくる「やりたい!」を、これからも大切にしていこうと思う。

りんごとスイカとズッキーニ #りんご助産院 #母乳外来#神戸市#垂水区#舞多聞

りんご助産院/林美佐子さん(@misako884)がシェアした投稿 -

りんご助産院イベントのお知らせ

7月23日『目からウロコの栄養講座〜母乳食編〜』

7月29日『目からウロコの栄養講座〜幼児食編〜』

広告336幅

広告336幅

-きらり
-

Copyright© りんご助産院より愛を込めて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.