りんご助産院より愛を込めて

〜神戸市垂水区で母乳育児に寄り添う助産師 林美佐子のスローライフ日記〜

きらり りんご助産院 日記

繋がり〜個性豊かで自分に正直な人たちと〜

投稿日:

親友のブログ

個性豊かな繋がりの力 | さ、やってみよか

私の親友、ふゆみちゃんのブログ。ホンマに、私のまわりは個性豊かな人ばっかり♡自分の個性を認めているから、相手の個性も認められる。自分を大切にしてるから、人を大切にできる。そんな人たちばかりだから、すごく居心地がいい。

自分を信頼できてない人ほど誰かを攻撃したり、自分に自信がないと承認欲求を満たすために誰かを蔑んだりするものだけど、そういう人は私の周りにはまったく居ない。

みんな「自分大好き!」
だから「人が大好き!」

自分に正直であること

「〜でなけばならない」「〜すべきだ!」「〜ねばならない」「常識では」「普通は」そういうのを手放して「自分はどうしたいのか」にひたすら正直になるのは、まあまあ怖い。そして勇気がいる。

でも、その怖さを味わいながらも、えいっと勇気を出して流れにのると、奇跡が起こる。今、私が生きている世界は、以前の私が住んでいた世界と全く違うと感じる。とてもカラフルな世界。とても豊かな世界。

6年くらい前、ふゆみちゃんから「私なガンやねんて。末期で、脳にも転移してるって」って告白があってから、それはさらに加速した。

「明日死ぬかもしれない。そしたら、今の人生でいい?」常に問いかけながら生きるようになった。その問いかけに、ふたりとも、いっぱいドロドロになった。自分と向き合うってなかなかハード。でも絶対に問いかけをやめなかった。「自分はどうしたいのか?」自分を信じて肚の声に従う勇気を持ち、行動に移したとき、どうやら私たちは最強になるみたい。

あのとき余命3カ月と言われていたふゆみちゃんは、今、ご機嫌さんに生きている♡やりたいことやるのに忙しくしてる。そして、誰よりも「生きている」まさに歩く説得力。

ふゆみちゃんは「ホンマに病気になって良かったわ!病気がたくさんのことを教えてくれたから、今の幸せがある!」ってニッコリ笑う。

大好きな人に囲まれて

私は、ふゆみちゃんに言ってある。「ふゆみちゃん、私が先に死んだら淋しいかもしれんけど悲しむ必要ないからな。だって、私はやりたいこと全部やってきたし、今までの人生に後悔ないねん。だから私が死んだら、大好きな人たちを集めて全身タイツでパーティーしてな。アイツはやりたいことやり散らかして、さっさと先に死によったーーー!!!って、みんなで私のことをいじり倒して♡でもまあ、今までの人生には満足してるけど、これからもっと楽しいことありそうやから、まだ死なへんけどな。もうちょっとこの地球で遊ぶわ〜笑」

ふゆみちゃんはいつもの穏やかな顔で「わかったー♡みさちゃんのやりたいようにやり。いつも私はここにいるよ」って、ニッコリ笑う。

大好きな友、大好きな仲間、大好きな家族。こんなにも大好きな人々に囲まれて、バタバタと楽しく生きてることが、すごく幸せやなーってしみじみ感じます。


↑先日、私が落ち込んでると、ふゆみちゃんが「飲みに行こう!」って誘ってくれた。ふゆみちゃんの息子のミッチーが車で送ってくれた!若葉マークが眩しかった♡

↑美味しいものを食べてるときって、ホントに幸せ♡お刺身美味しかったわー!!!

乾杯♡

広告336幅

広告336幅

-きらり, りんご助産院, 日記

Copyright© りんご助産院より愛を込めて , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.